World Scope

日々動いている世の中の出来事

秘密

俺「あの女教師ムカつく!机の中身グチャグチャにしてやる!!(ガラッ…)」→ 俺「何だよこれ……」引き出しを開けたことを後悔した・・・

投稿日:2023年12月9日 更新日:

小学校のときの担任だった教師(女)が、とにかく性格が悪かった。

自分の子供と俺たち生徒を比較して

「私の子供は、君達みたいな子には育てない」

だとか、とにかく奴は自分の息子を溺愛し、俺たちと比較するのが好きな奴だった。

特に俺なんかは出来が悪くバカだったので、いつもいたぶられていた。

「こんな問題も出来ないの?」

とか、とにかくいろいろ言われて頭に来ていた俺は、教師の机の中身のものを滅茶苦茶にしてやろうと考えた。(当時俺たちの小学校では、教室に教師の簡易机みたいなものがあった)

休み時間、その日は曇天にもかかわらず殆どの奴は運動場に出かけたり別のクラスに言ったりで残ってる奴は珍しくいなかった。

教師の机の引出しを開けた俺は綺麗に整理されたノート
カラーごとにきちんとまとめられたペンなどが目に入り
とにかくこれを滅茶苦茶に荒らしていた。

ふと見ると一番下のノートに裏向きに写真が挟まっていた。

家族の写真だろうと直感した俺は、この写真もパクってやるかと写真をひっくり返した。
その写真に写っていたのは担任と夫らしき人物、そして小学生ぐらいの子供。

猛烈に震える俺の手。
心臓の音が聞こえるようだった。

23
写真の子供の顔が、火であぶられていた。

黒ずんだ子供の顔。
焦った俺がノートを落とすと、ノートの間から何枚も写真が出てきた。
どれも子供の顔だけが火であぶられていた。

はっと気配を感じて廊下側を見ると廊下側のガラスの向こう。
すりガラスのせいで姿は見えなかったが直立姿勢で立っている影があった。
俺は担任と直感し窓から飛び降りた。一階だったのが助かった。
そして俺は隠れてクラスを見ていた。

誰もいない教室で担任はマッチを使って写真をあぶり始めた。

そこまで見ると俺は猛ダッシュで運動場に行き友達と合流して遊んだ。
他の誰か(生徒)がいたずらをしたんだろうという俺の考えは間違っていた。

怖いのは今考えてもそんな事をする理由がわからない。
夫婦の仲が極端に悪いとかで写真の中の「夫の顔」をあぶるならまだ分かる。
だがなぜ子供の顔なのか?あんなに自慢していたのに。
そしてあの時、もし教室が2階や3階だったら
そう考えると、今でも寒気がする。

 

「愛のコメント」

なんとも恐い話ですね。

-秘密
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お節介おばさん「お見合いしよ!ね?ね?」私「じゃあ、20代で高学歴、年収1000万以上の王子様みたいな 人連れてきてよ」→ すると、なんと・・・

いい人なんだがお節介なおばさんが見合い話持ってきた。 両親不仲で結婚願望ない私をどうにか結婚させたいおばさん。 「家柄はうちと同等かそれ以上、王子様系で優しくて真面目で学歴は最低でも慶応卒、収入は三十 …

お巡りさんに職質を受けた → 正直に事情を話した → すると… → 心温まる展開・・・

昔、友達が好きな娘の下駄箱にラブレター入れて、OKなら公園に来て欲しい、と書いたらしいが、で、公園で4時間待ってたが誰も来なかったそうだ。 しかも暗くなっても意地になって待ってたら、とうとうパトロール …

月50万円で、会長の愛人をやっていた。会長が亡くなり、会長の息子から「遺言書にあなたの名前がありま して… それで…」と連絡があり、私「!?」→ その内容が・・・

結婚退職後、退職した会社の会長愛人を月に50万で5年間やっていた事。 会長が亡くなり終了した。親友にも言えない。 766: 可愛い奥様 2010/07/23(金) 10:33:55 ID:N2jpxw …

旦那の弁当袋に『愛してます』のメモを入れた。私『早く帰って来ないかな…どんな反応だろ』→旦那「…」私『…』→結果…

口ではとても… 言えそうにないので 先週、旦那のお弁当の袋の中に 《いつもお仕事ご苦労様です。 愛してます。ありがとう。》 と、メモ紙を入れておきました。 その日はもぅドキドキで 帰りを待ったけど、 …

嫁が亡くなって3ヶ月程たったある日、孤独を紛らわすようにして居酒屋で一人呑みをしていた。すると、隣に若い女が座ってきた→顔を見ると…

ほんと漫画みたいな話だからネタだと思う人はスルーしてくれ。 俺は嫁を1年前に亡くしてる。享年38歳。同い年の幼なじみだった嫁はそれはそれは可愛くて、ガキの頃からこいつと結婚してやる!と思ってたんだよね …

ブログ村PVランキング

読者登録

World Scope ~日々動いている世の中の出来事 ~ - にほんブログ村

人気記事

不定期ですが友達限定記事をお送りします。

友だち追加

error: Content is protected !!